SGTi-flex抗原検査キット

キット内容

SGTi-flex抗原検査キット 外観 SGTi-flex抗原検査キット 内容

使用方法

1検体採取(鼻咽頭)

綿棒を鼻腔から耳孔を結ぶ平面を想定し挿入し、コトンと行き止まる鼻腔の奥まで達したら、綿棒を数回回転させ粘膜表皮を採取します

鼻咽頭からの検体採取

検体採取(鼻腔)

鼻孔から2cm 程度綿棒を挿入し、挿入後綿棒を5回程度回転させ、十分湿らせる

鼻腔からの検体採取

検体採取(咽頭)

綿棒を口腔から咽頭に挿入し、咽頭口部、口蓋扁桃 部をしっかりと数回擦過します

咽頭からの検体採取

2検体の注入

チューブの蓋を開け、検体を採取した綿棒を入れ、5回ほど回転させます
チューブの外側から綿棒をつまみ、液体を搾り取るようにして綿棒を引き抜きます

検体の注入

3検体を滴下

チューブにチューブキャップを取り付け、キット本体に滴下します

検体を滴下

4結果読み取り

緩衝液滴下後20分後の結果を読み取ります

30分後以降の結果は無効です

結果読み取り

検査結果の判定

結果判定