新型コロナウイルス
抗体・抗原検査キットの販売

抗体検査って何?

抗体検査キット イメージ

抗体検査は、過去に感染したことがあるか、ウイルスに抵抗する能力(抗体)をすでに獲得しているかを調べることができる検査で、ウイルスに感染した人の体内で作られた抗体を検出します。

抗体を体内に持つと再び同じウイルスが体内に入ってきても抗体がウイルスを排除し感染しにくくなりますが、必ず再発しないという保証はありません。

抗体検査キットは、「IgM抗体」と「IgG抗体」という2種類の抗体を一度に調べることができ、血液中に抗体が存在すれば判定が可能です。

但し、以下のメリットがあります。

  • ・少量の血液で検査が可能
  • ・10~15分で検査結果がわかる
  • ・他の検査に比べて費用が安く、定期的に検査することが容易

抗原検査ってどんな検査?

抗原検査とは、ウイルスのタンパク質である抗原を検出するもので、新型コロナウイルスに今感染しているかを調べることができます。

抗原検査には定性検査と定量検査があり、簡易検査キットは定性検査になります。

簡易検査はPCR検査に比べ検出率(95%前後)は劣りますが、特別な検査機器は不要で、短時間で結果が出ることから、速やかに感染の判断が必要な場合に用いられます。

  • ・検査キットだけで特別な装置は不要
  • ・PCR検査よりも費用が安く、再検査が容易
  • ・15~20分で検査結果がわかる
  • ・ラテックス法では唾液での検査も可能
抗原検査キット イメージ

新型コロナウイルス 検査の種類、目的、特徴、適した検査時期

検査名
PCR検査
目的
現在感染しているか
(感染初期)
検体
鼻や喉の粘膜・唾液
所要時間
数時間〜1日
検査推奨時期
感染者と接触後
5日〜3週間
症状認識後0〜2週間
検査名
抗原検査
目的
現在感染しているか
(感染初期)
検体
鼻や喉の粘膜・唾液
所要時間
15〜30分
検査推奨時期
感染者と接触後
5日〜3週間
症状認識後0〜2週間
検査名
抗体検査
目的
過去に感染したかどうか
抗体の有無
検体
血液
所要時間
10〜15分
検査推奨時期
感染者と接触後
3〜4週間後以降で
抗体がなくなるまで
比較グラフ

JOINSTAR
商品ラインナップ

JOINSTAR 抗体検査キット

JOINSTAR 抗体検査キット

抗体検査キットの使用方法はこちらから

価格:1,210円(税込)~
製品名

SARS-CoV-2 IgM/IgG Antibody Test

測定原理

イムノクロマト法(金コロイド凝集法)

使用目的

血中の新型コロナウイルスに対するIgG及びIgM抗体の検出

判定時間

検体滴下後10~15分

指標

・精度:97.35 % ・感度:94.48% ・特異度:97.35%

保存方法

2~30℃以下 直射日光・高温多湿を避ける

有効期限

2021年12月 箱の裏に記載

製造

JOINSTAR BIOMEDICAL TECHNOLOGY,LTD.(中国)

JOINSTAR 抗原検査キット

JOINSTAR 抗原検査キット

抗原検査キットの使用方法はこちらから

価格:2,585円(税込)~
製品名

COVID-19 ANTIGEN RAPID TEST (Latex)

測定原理

イムノクロマト法(ラテックス凝集法)

使用目的

咽頭又は便に存在するSARS-Cov2の特定核タンパク質抗原の検出

判定時間

検体滴下後10~15分

指標

・精度:96.67 % ・感度:95% ・特異度:100%

保存方法

2~30℃以下 直射日光・高温多湿を避ける

有効期限

2022年4月 箱の裏に記載

製造

JOINSTAR BIOMEDICAL TECHNOLOGY,LTD.(中国)

JOINSTAR社

JOINSTARは、生物医学ハイテク企業として、医療IVD原材料開発、分析装置および試薬の開発、分子診断および生物学的情報技術サービスを行っている企業です。

新型コロナウイルスの簡易診断キットでは、抗体検査キット、抗原検査キット(金コロイド凝集法)、抗原検査キット(ラテックス凝集法)を製造販売しています。

CEマークを始め、ドイツ、イタリア、フィリピン等の国々で承認を得ています。

特筆すべきは、唾液や喀痰を検体とすることが可能なラテックス凝集法を用いた抗原検査キットです。これまでの金コロイド凝集法は、唾液を検体とした場合にウイルスの検出率が低く推奨されていませんでしたが、ラテックス凝集法では唾液や喀痰を検体とした検査でもPCR検査に対して95%の陽性検出率を実現しました。

このラテックス凝集法用いた抗原検査キットは米国特許出願済みです。

また、金コロイド凝集法を用いた抗原検査キットは、非常に基準の厳しいドイツ連邦保険局の検証テストに合格した数少ない検査キットの一つです。

JOINSTAR社の検査キットは、EU、ドイツ、イタリア、フィリピン等の国々で承認されています

FDA
Certificate EU
FDA
Certificate EU

Sugentech
商品ラインナップ

SGTi-flex 抗体検査キット

SGTi-flex 抗体検査キット

抗体検査キットの使用方法はこちらから

価格:990円(税込)〜
製品名

SGTi-flex COVID-19 IgM/IgG

測定原理

イムノクロマト法(金コロイド)

使用目的

血中の新型コロナウイルスに対するIgG及びIgM抗体の検出

判定時間

検体滴下後10~15分

IgM

感度 90.83%・特異度 98.33%・精度 95.98%

IgG

感度 90.18% ・IgG特異度 100%・精度 96.94%

保存方法

2~30℃以下 直射日光・高温多湿を避ける

有効期限

2022年12月 キット本体の袋に記載

製造

Sugentech Inc. (韓国)

SGTi-flex 抗原検査キット

SGTi-flex 抗原検査キット

抗原検査キットの使用方法はこちらから

価格:2,035円(税込)〜
製品名

SGTi-flex COVID-19 Ag

測定原理

イムノクロマト法(金コロイド)

使用目的

鼻腔又は咽頭に存在するSARS-Cov2の特定核タンパク質抗原の検出

判定時間

検体滴下後20~30分

指標

・精度:98.59% ・感度:97.56% ・特異度: 99.9%

保存方法

2~30℃以下 直射日光・高温多湿を避ける

有効期限

2022年12月 キット本体の袋に記載

製造

Sugentech Inc. (韓国)

sugehtech社

Sugentech(スジェンテック)社は、2011年に設立された韓国科学技術情報通信部の第28号研究所に指定されている企業です。

家庭で誰でも簡単に疾病を診断できる自己診断、中小型病院で迅速、正確に診断できる現場診断、総合病院で多量の検体に対して多重診断を遂行できる全自動イムノブロット法など、様々なプラットフォームに基づき、様々な疾病を診断できる製品を開発、販売しています。

2019年5月にKOSDAQへ上場を果たし、2020年9月には韓国に本社を置く企業として初めて「SGTi-flex COVID-19 IgG」の抗体検査キットで米国FDAの緊急使用承認を取得しました。

また、抗体検査キットと抗原検査キットでヨーロッパのCE認証を取得していますが、新たに相対的に基準が厳しいドイツ連邦保険庁の抗原検査リストに登録されました。

Sugentech社の検査キットは、米国、EU、フィリピン、ロシア等の国々で承認されています

FDA
Certificate EU
FDA
Certificate EU